歯周病専門医

  日本歯周病学会の歯周病専門医は厚生労働省が認めている専門医です。全国で歯周病専門医は約1300人で歯科医師総数の1%です。歯周病の予防と治療のスペシャリストですので安心して歯周病の相談を受けられます

日本における歯周病の実態

歯周病は、歯を取り囲む歯周組織の慢性炎症で、歯の脱落を引き起こす慢性感染症である。歯ぐきと歯の間にできる歯周ポケットは、歯垢が原因。日本では、成人の8割が罹患している。 口から食道、胃、腸などの人間の器官を「土管」と呼んで、体内を通る土管内はまさに外界で、バクテリアのすみかとなっている。菌の数は口の歯垢1㌘あたりに約1000億個もあり、直腸の便と同じくらいである。人類の誕生以来、史上最大の感染症であるにもかかわらず、完璧な治療法はありません。

歯周病の治療法

歯周病の進行と病態を診断して、細菌叢を取り除く治療を行った後に歯周病の予防処置に移行することが一番の治療法である。歯周病専門医のもとで指導と訓練を受けた歯科衛生士による定期的な口腔内ケアが歯周病の治療に最大の効果を発揮します。

当院の歯科衛生士

歯学部歯科衛生士科、歯科衛生士専門学校で3年~4年の専門教育を受けた後に国家試験に合格して得られる国家資格で口腔内ケアの専門職です。当医院の歯科衛生士は歯周病専門医・指導医のもとで毎月勉強会を行い知識と技術の向上に磨きをかけています。